Angelo Aquilini Accordion Player - Angelo &... 4 Friends 4 The Music - アンジェロ・アクィリーニ・アコーディオン奏者





4 Friends 4 The Music

フォー・フレンズ・フォー・ザ・ミュージック

4 person...from three different countries...meet in Japan...
Thanks to their link with the music become friends and begin to share their musical experience with performance appreciated by various types of public.
Their repertoire varies from classical music to jazz music without neglecting the tango of Astor Piazzolla thus allowing those who participate in their concerts to set off on an imaginary journey to various countries of the world.
The musical arrangements are curated by Angelo Aquilini and Donald Gibson with the care of the technical and interpretative details of Robert Borsos and Salvatore Piediscalzi.

4 Friends 4 The Music...Are you ready to start the journey in their musical world...?

アンジェロ・アクィリーニ (アコーディオン)Angelo Aquilini
イタリア、ピエモンテ州出身。10歳より民族音楽を中心にアコーディオンのレッスンを始める。レッスン開始から6ケ月でホール、地方テレ
ビ局へ出演し始める。
16歳で国際フェスティバル3位受賞。1986年第3回国際コンクールにて優勝。その後、数々のコンクールにて優勝及び上位入賞を果たす。 そ
の後3つの市立音楽学校にて1987年より2005年まで講師を務め、その内1996年より2004年まで教育管理の任務を行う。2001年より毎年来
日し日本各地で演奏を行い、2005 年より愛知県在住。
2009年よりアコーディオン専門店「monte accordion」、カンツォーネ教室「フチモトミュージックスクール」にて講師を務める。アコーディ
オン奏者coba氏がプロデュースするアコーディオンの祭典「Bellows Lovers Night」に2009年より7 回出演。2014 年秋より放映されたNHK 朝
の連続テレビ小説「マッサン」の第1 話において、アコーディオン奏者として出演すると共にレコーディングを行った。
2017 年4 月より名古屋芸術大学の非常勤講師に就任。

サルヴァトーレ・ピエーディスカルツィ (ヴァイオリン)Salvatore Piediscalzi
18歳でイタリア・パレルモ音楽院を最高点で卒業。 幼少よりジャンルーカ・カンポキアーロヴァイオリンコンクール、トニーノ・パルド杯コ
ンクールなど、数々のコンクールにて首位を受賞。 2005-2006年に在籍したイタリア青年オーケストラでは、クシシュトフ・ペンデレツキ(ベル
リン・コンツェルトハウス管弦楽団)、ジェフリー・テイト(ハンブルグ交響楽団)、エリアフ・インバル、ロベルト・アバドなど、著名な指揮者との
演奏の機会を得る。
これまでに、ペスカーラ音楽アカデミー(2009)、アブルッツォ青年オーケストラ(2010)、エンテ・ルッリオ・トラーパニ・ミュージック(2011)、
ヘリコン交響楽団(2012)、メディテラーネア室内楽団(2013)にてコンサートマスターを務めた。
2014 年に日本に移住後、市川オペラ管弦楽団にてコンサートマスターを務め、名古屋室内管弦楽団でも演奏している。宗次ホールでもスイー
ツタイムコンサート等に出演。

ロバート・ボルショス (クラリネット)Robert Borsos
名古屋フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者。セルビア・パンチェボ出身。ベオグラード音楽コンクール、ノビサド音楽コンクー
ルなど数々のコンクールで優勝、入賞を重ね、ノビサド音楽大学に入学。1年後、オーストリア国立グラーツ音楽院に入学。ベラ・コヴァーチ氏
に学び、多数のソロコンサートに出演。2003年、同大学を首席で卒業。修士課程にてウィーン交響楽団首席ソロクラリネット奏者である、ゲラ
ルド・パッヒンガー氏に師事。在学中ベオグラード交響楽団、グラーツ交響楽団、ウィーン交響楽団に客演。
2007 年から2009年まで兵庫県芸術文化センター管弦楽団に在籍し、2009年より名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。
YAMAHAクラリネットアーティスト。Busan Maru International Music Festival アーティスト。

ドナルド・ギブソン (トロンボーン)Donald Gibson
1994年の来日以降、東京でライヴ活動を続け、「ビッグ・ウィング・ジャズ・オーケストラ」をはじめ、多くのビッグバンドに在籍。また、日野
皓正(tp)、ケイコ・リー(vo)、 寺井尚子(vn)、中島啓江(vo)などのミュージシャンとの共演経験も豊富。自らのコンボ“GIBSON 5”も率いる。
2009年、新コンボ「Gibson-Rowe5」も結成。 また名古屋の老舗ビッグバンド、「ジャズ・ラブ・オーケストラ」や名門「C.U.G.ジャズ・オーケ
ストラ」でも活動。モダンからフュージョン、プログレッシブ、そして4ビートまで全てを吹きこなすトロンボーンの達人であり、文字通りの「巨
人」である。 去る2004年の巨匠「ジョージ・プロバート」氏とのジョイント・ライブでは、その素晴らしい資質を同氏から大絶賛された。 2006年
の名古屋・今池での「再ジョイント」ではさらに評価は高まり、「These Foolish Things」は歴史的な名演となった。
現在、自らが手掛けるトロンボーン・プロジェクト「TROMBONE NATION」では、 プロ・アマ問わず、全国のトロンボーン奏者に広く参加を呼
びかけている。 2002 年12 月よりディキシーランド・バンド「リバスト」に音楽監督として参加。

 
Copyright © 2018-2019 Angelo Aquilini. All Right Reserved. 不許復製