Angelo Aquilini Accordion Player - About me... - アンジェロ・アクィリーニ・アコーディオン奏者

About me... / 私について...

イタリア、ピエモンテ州出身。 10歳の時ライモンド氏の下で民族音楽を中心にアコーディオンのレッスンを開始する。レッスン開始から6ヶ月でホール、劇場、地方テレビ局への出演を果たす。1978年、レナード・ぺッローネ氏に師事し、伝統的なアコーディオンの奏法や技術を学ぶ。1980年、ドメーニコ氏の指導の下でスタンダード・アコーディオンの伝統音楽の勉強をしながらコンクールのための準備を開始。

1987年、モンカリエーリ(イタリア・トリノ)C.D.M.I.の指揮者であるウーゴ・ヴィオーラ氏に師事し、リズミカルな旋律を習得するためのクラシック アコーディオンの勉強を開始。16歳でアンコーナ(イタリア・マルケ州)で行われたアコーディオン国際フェスティバルにて3位受賞。1986年、第3回国際コンクール「Citta'di Sannicandro Garganico」(イタリア・コセンツァ)にて優勝。その後、数々のコンクールにて優勝及び上位入賞を果たす。
後に、イタリア・フォッサーノの市立音楽学校「V.Baravalle」にて講師として活躍。
イタリア・ボルゴサンダルマッツォの市立音楽学校「Dalmazzo Rosso」においても1987年から講師に就任し、1996年から2004年まで講師と兼任して校長を務める。

2001年より毎年来日し日本各地で演奏を行い、現在は愛知県在住。2009年よりアコーディオン専門店「monte accordion」(名古屋市)にてアコーディオン教室の講師を務める。同じく2009年より「フチモトミュージックスクール」(名古屋市)にてカンツォーネ教室の講師を務める。
アコーディオン奏者coba 氏がプロデュースするアコーディオンの祭典「Bellows Lovers Night」に、2009年より7回出演。2014年秋より放映されたNHK 朝の連続テレビ小説「マッサン」の第1話において、アコーディオン奏者として出演すると共にレコーディングを行った。
2017年4月より名古屋芸術大学非常勤講師に就任。

Copright © 2018 Angelo Aquilini. All Right Reserved. 不許復製